会社案内
山本デンドロビューム園について
品種改良の歴史と代表的な品種
生産施設の紹介
生産と販売体制
イベント案内
アクセスマップ

山本デンドロビューム園が世界各地で展開する生産と販売体制

山本デンドロビューム園生産販売体制

弊園は最大のデンドロビューム苗の生産・販売数を誇り、弊園で育種改良をした新品種を国内はもとより、海外の販売代理店を通じ、世界各国へ供給しています。
国内で育種改良された最新品種はタイ農場でバイオ生産され、ハワイ農場、およびオランダ、韓国、ブラジルの代理店を通じ、世界各国へ供給されます。
安価で高品質のデンドロビュームの最新品種の苗はこうして世界中のデンドロビューム生産農家のもとで栽培され、美しく咲いた花は市場を通じて店頭に並びます。


山本デンドロビューム園 国内栽培場


■ 本園   〒700-0845 岡山市南区浜野1丁目12番30号
TEL : (086)262-0982 FAX : (086)262-3556

■ 政津農場  

〒704-8165 岡山市東区政津1337-4
TEL : (086)948-5525


■ 長沼農場   〒704-8131  岡山市東区長沼549-1
TEL : (086)944-0892 FAX : (086)944-0892

山本デンドロビューム園 海外栽培場

 
■ ハワイ農場   Yamamoto Dendrobiums (Hawaii) Inc.,
P.O.Box 235, Mountain View, Hawaii, U.S.A. 96771
TEL : 808‐968‐6955 FAX : 808‐968‐8028
日本、タイから送られたフラスコ苗は約5万平方メートルの栽培場で育ち、出荷されていきます。ここで生産されたものは、主にアメリカ本土、カナダに向けて輸出されます。

■ タイ農場   Yamamoto Dendrobiums (Thailand)
P.O.Box 10, Doisaket, Chiangmai, Thailand 50220
TEL : 053‐495‐296 FAX : 053‐495‐104
無菌培養およびメリクロン苗生産が行われています。生育したフラスコ苗や幼苗は、日本、ハワイ分場を始め各国の代理店を通じて欧米の大規模生産者に出荷されます。

山本デンドロビューム園 海外販売代理店

■ EU総代理店   フロリカルチャー社 http://www.floricultura.nl/
1997年、世界最大の種苗会社の一つ、フロリカルチャーと代理店契約を締結。オランダを始め、EU各国でのデンドロビュームの生産が本格化。高級ブランドとして弊園品種の展開が行なわれています。

■ 韓国総代理店   金花種苗株式会社
2005年、中国、ロシア、中央アジア等、海外へも展開する韓国最大の種苗会社の一つ、金花種苗株式会社と代理店契約を締結、本格栽培に向け、技術指導を開始しました。

■ ブラジル・アルゼンチン総代理店   セルジオ・タテイシ&生産者グループ INOVAFLOR
2007年、サンパウロの立石農園とブラジル、アルゼンチンにおける代理店契約を締結。高級ブランドとして山本デンドロビューム園の品種の本格的な展開を開始しました。

■ 中国代理店   昆明大漢農業科技有限公司(Da Han Group)
2010年3月、中国の昆明大漢農業科技有限公司(Da Han Group)と中国国内(マカオ、香港、台湾を含む)における代理店契約を締結。高級ブランドとして山本デンドロビューム園の品種の本格的な展開を開始しました。